About

Daichi Inoue 井上大地

Guitarist, Songwriter

1982.2.4.東京生まれ。幼少期に日本民謡を学び、The Beatlesをきっかけにギターを弾く。19歳、都内キャバレーでプロとして演奏を始める。

高円寺JIROKICHIでの共演がきっかけで、吾妻光良氏に見いだされる。日本全国ツアー、FUJI ROCK FESTIVALへの出演など国内での活動のみならず、北米10か所以上の州に渡りライブ、レコーディングを行う。

アメリカ南部から西海岸にかけてのサウンドを追求するリーダーバンド”Izakaya Band”のデビューアルバムがLAのレーベル”Lost Wax Records.”よりリリースされ全米デビュー。解散までに制作された3つのレコーディングセッションの多くはVictor studio、Herritage Recording.coにて録音。本作は各地のラジオ局を中心に評判を得る。

Adam Levy(Norah Jones, Allan Toussaint他)を始めとした国内外のミュージシャンのツアーやレコーディングのプロデュース経験も豊富であり、現在は自身の音楽レーベル、ギタースクール Izakaya Recordsの代表を務める。

2020年より孤独のヒュード(英:Alonic “Alone” Hued)主宰。世界大戦以前の大衆音楽の研究と、現代的な解釈での演奏活動を行う。2020年5月に自社レーベルより20曲に及ぶ戦前ジャズ、ブルース、フォークソングを納めたアルバム”Americana Classics”を発表。

参加バンド: Adam Levy, 孤独のヒュード,カンザスシティバンド,浜端ヨウヘイ, コロニー落とし 他

Website
https://izakayaband.com/
twitter https://twitter.com/Inoue_Daichi
instagram https://www.instagram.com/izkyguitar/

◆Gear

Erectric Guitar
Gibson ES-335 65’/Gibson ES-125 53’/Gibson ES-125TCD 65’/Gretsch 6121 Round up/stilblu “Road Runner” Daichi Inoue signature
Acoustic Guitar
Epiphone Olympic 44’/Chaki P-10/K.YAIRI G-10 Custom/Martin O-16ny 72′
Other instruments
HOFNER Club Bass German/Epiphone Electar Lapsteel 38’/Aria Tenor Banjo 70s’/Gibson UB-1 1920
Amp
Fender Princeton amp 74’/Ampeg J-12R/ZT Lunch Box

◆Media

FM郡山 ひるココ/CRT栃木放送 サウンド・フロム・佐野/FM桐生 GO!GO!Global!/東海ラジオ 浜端ヨウヘイ/Big Man’s Radio/渋谷のラジオ

■Works

♪リーダー作品
井上大地 “Moon is Risin’ ”
井上大地 “ギター弾きの歌”
井上大地 “The Living Motif”
孤独のヒュード “Americana Classics”
Izakaya Band ”Drivin’ Route 264″ “IZAKAYA-ISM” “Los angeles”
HiT ThaT Jive! “Live! at JIROKICHI”
Ubatama “D – Trakcs”
Recording at Victor studio, Heritage recording co, Green rich studio and other
♪レコーディング参加
カンザスシティバンド、コロニー落とし、三田明、タマ伸也(ポカスカジャン)、ハマノヒロチカ(野狐禅)、浜端ヨウヘイ、ONE TIME BRASS BAND BAND 、映画 “あたえられるか否か” 他
♪プロデュース
Adam Levy “Adam Levy Collection”
ON-Luck! 音楽情報番組 パーソナリティー
塚本功 Strollin’ down in New orleans総合プロデューサー
Daichi Inoue – 井上大地
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。